スポンサーリンク

【足立美術館】アクセス・みどころ・割引情報・カフェ

足立美術館 美術館紹介
スポンサーリンク

足立美術館の基本情報

住所 島根県安来市古川町320
最寄駅 安来駅
営業時間 夏季:4月-9月 9:00〜17:30
冬季:10月-3月 9:00〜17:00
定休日 年中無休
電話番号 0854-28-7111
入館料 大人:2,300円
大学生:1,800円
高校生:1,000円
小中生:500円
駐車場の有無 大型バス:40台
普通車:400台収容
※料金不要
ロッカーの有無 あり:ロッカーの情報はコチラ
公式サイト https://www.adachi-museum.or.jp/
スケジュール表 公式サイトより「展覧会」タブを選択

足立美術館までのアクセス

無料シャトルバスの利用

JR安来駅と足立美術館間を運行している無料シャトルバスを利用すれば、約20分ほどで到着します。
時刻表はこちら

路線バス

無料シャトルバスを利用できない場合は、

  • イエローバス
  • 日の丸バス

など、有料バスを利用ができます。
時刻表はこちら

高速バス

高速バスで足立美術館に向かう場合は、JR岡山駅でJR伯備線特急やくも出雲市行きに乗り換えて、JR安来駅から無料シャトルバスを利用しましょう。

山陰道安来ICより約10分ほどで足立美術館に到着します。
足立美術館周辺のアクセスマップはこちら

飛行機

米子空港から

JR米子駅からJR山陰本線に乗り換えてJR安来駅から無料シャトルバスを利用しましょう。

出雲空港から

JR松江駅から山陰本線に乗り換えてJR安来駅から無料シャトルバスを利用しましょう。

足立美術館のみどころ

島根県の安来市にある足立美術館は、実業家の足立全康が昭和45年に開館しました。

足立全康が生前に、蒐集した美術品コレクションとして近代日本画が数多く保存されており、足立美術館が誇る日本庭園はアメリカが発行する日本庭園専門誌が発表する「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」のランキングでは10年以上連続で日本一を獲得しています。

足立全康が愛した横山大観のコレクション

足立美術館は別名「大観美術館」とも呼ばれ、横山大観の貴重な作品を130点ほど所蔵しており、なかでも有名なのは「紅葉」「雨霽る」(あめはる)の2点です。

「紅葉」は足立全康が名古屋で行われた横山大観展で鑑賞した際に一目惚れし2年がかりで購入するほどに思い入れのある作品です。

日本庭園

足立美術館 日本庭園出典:足立美術館

「歓迎の庭」「苔庭」「枯山水庭」「白砂青松岩」「亀鶴の滝」「池庭」の6つのエリアからなる日本庭園の最大の見所は「枯山水庭」です。

「枯山水庭」は背景にある山の一部も足立美術館が所有しており、日々の行き届いた手入れの範囲となっています。

春、夏、秋、冬の季節の移ろいごとに景色を変える日本庭園は、いつ訪れても飽きることなく新しい発見や気づきをあたえてくれます。

冒頭でも紹介したように足立美術館の日本庭園はアメリカが発行する日本庭園専門誌が発表する「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」のランキングでは10年以上連続で日本一を獲得していますが、その秘密は1年間365日途切れることなく行われる庭園の手入れにあります。

手入れは天気に関係なく行われ、木や苔などは破損や状態の悪化があった際にすぐに対応できるようにスペアが用意されている周到ぶりです。

足立美術館のお得・割引情報

コンビニでチケットを購入する

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン

の3つの店舗であれば規定の料金から100円割引でチケットを購入できます。

購入方法

商品コード「0242372」を店頭にある専用端末に入力すると購入画面に移動します。
コンビニ店舗の端末で「商品番号入力」によるご購入操作手順

会員証を購入する

足立美術館では6000円を払ってパートナーズ会員になると2年間、何度でも入館が可能になります。
他にも特典として、

    • 2年間で何度でも入館料無料
    • ご同伴者(2名様まで)も個人入館料の半額
    • 館内施設のご利用料金を10%割引
    • 1回目の入館時に、足立美術館ガイドブックを進呈
    • 期間中、4回ご入館されるたびに喫茶券を進呈
    • パートナーズカードの提示で、提携美術館に割引料金で入館できます

出典:足立美術館

があります。

障害者割引

身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を受付で提示すると、個人料金の半額で入館が可能です。

また 各1種・重度(A)相当・1級の場合は、介護者の方1名も半額で入館できます。

足立美術館のカフェ

喫茶室 翆(みどり)

喫茶室 翆出典:足立美術館

枯山水庭を眺めながら、ゆったりと休憩できます。コーヒーや紅茶、スイーツが用意されており、飲み物の値段は1000円(税込)と高めですが整った庭園の景色を楽しめるだけの価値があります。

喫茶室 大観

喫茶室 大観出典:足立美術館

池庭のそばにある「大観」では、ケーキやスイーツだけではなく島根和牛を使ったビーフカレーや笹巻きおこわなどを食べることができます。しっかりと昼食を食べたいかたには「大観」が軽い食事を楽しみたいかたには「翠」がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました