アルヴァ・アアルト|建築から家具まで手がけたフィンランドの巨匠

アルヴァ・アアルト 芸術家紹介

アルヴァ・アアルトのプロフィール

アルヴァ・アールト

出典:Wikipedia

名前 アルヴァ・アールト(Alvar Aalto)
国籍 フィンランド
生誕 1898年2月3日
死没 1976年5月11日(78歳没)

アルヴァ・アアルトってどんな人?

20世紀を代表するフィンランドの建築家であるアルヴァ・アアルトはヘルシンキ工科大学で建築を学び、在学中には両親の家を設計した経験があります。卒業してしばらくは展示デザイナーとして活動し、自身の事務所を設立するとともに建築へと転向しました。

1924年のときにアルヴァは同業者のアイノ・マルシオと結婚しました。アイノの考え方や生き方はアルヴァ自身に大きな影響をあたえます。アイノがもつ「暮らしを大事にする」考えはアルヴァの作品に優しさやシンプルを与え、日常的に永く使えるデザイン・設計へと繋がりました。また、アルヴァとアイノの考え方は2人が設立した家具会社Artek(アルテック)にも反映されています。

創り出す作品は、初期のころは新古典主義でしたが、徐々にモダニズムへと移り変わり最終的にはアールト・モダニズムと呼ばれるフィンランドの風土にあわせた独自の作風へと変化していきました。アールト・モダニズムはヴィープリの図書館を建築する際に、フィンランドの伝統的材料である白樺などの木材を用いたことが始まりです。
ヴィープリの図書館の建築をきっかけに新たな作風にたどり着いたアルヴァは後に紹介する「マイレア邸」や「サヴォイベース」をも創りました。

英国建築家王立研究所による金メダルの授与、フィンランド・アカデミー会長やマサチューセッツ工科大学客員教授としての職務を果たしたアルヴァは優れた家具、住宅、椅子や500以上ものデザインを担当した建築物を遺して、この世を去りました。

アルヴァ・アールトの作風と代表作品

アルヴァ・アールトの作風

故郷・フィンランドの風景からヒントを得ることが多かったアルヴァは、年を重ねるとともにアルヴァの創り出す作品は色を変えてきました。

初期のころは、18世紀後半から19世紀にかけてヨーロッパの建築・絵画・彫刻など美術分野の中心だった新古典主義でしたが、後に機能性・合理性を主とするモダニズムへと転向し、最終的にはフィンランドの風土にあわせた独自のアールト・モダニズムへと落ち着きました。

アルヴァ・アールトの代表作品

マイレア邸

マイレア邸

出典:北欧Book

マイレア邸は、ハッリ・グリクセンとその妻であるマイレ・グリクセンがアルヴァに依頼して建築されました。森の中に佇む邸宅は、周囲の雰囲気を壊すことなく調和するかのように存在しています。

クライアントのためにアルヴァが建築をしたのはマイレア邸が初めてといわれています。2階部分は非公開のため、見ることはできませんがマイレア邸では事前申し込みありの見学ツアーがあります。

サヴォイベース

サヴォイベース出典:permanent-design

世界で一番有名な花瓶といえる「サヴォイベース」はパリ万国博のために制作されたもので、アルヴァの故郷であるフィンランドに多い湖や、ツンドラ地帯に住む先住民族のズボンをモチーフにしたガラスの作品です。

アルヴァ・アアルトの関連書籍

アルヴァ・アールトの建築 エレメント&ディテール

北欧を代表する建築家アルヴァ・アールトが追求した美しく機能的なディテールを集めた作品集。
住宅や公共建築、商業施設、家具や照明器具にいたるまで、構造や技術を反映した合理的なデザイン、素材や形へのこだわり、使いやすさが発揮された170のディテールを多数のカラー写真と図面で紹介。
所在地リスト、書籍案内も充実。

出典:Amazon

タイトルとURLをコピーしました