スポンサーリンク

アンディ・ウォーホル|商業美術とファインアートで成功した天才

人物紹介
スポンサーリンク

アンディ・ウォーホルのプロフィール

出典:Wikipedia

名前 アンディ・ウォーホール(Andy Warhol)
国籍 アメリカ
生誕 1928年8月6日
死没 1987年2月22日

アンディ・ウォーホルの生涯

アンディ・ウォーホルはフィラデルフィア州のピッツバーグで、移民の両親の間に生まれました。

幼少期から体が弱く、日光アレルギーや顔・手足が痙攣する「シデナム舞踏病」を患ったウォーホルは、家に引きこもり、ラジオ、絵画制作、映画スターの写真コレクションなどに熱中しました。

この期間で形成されたウォーホルの人格はのちに制作する作品に色濃く反映されるようになります。

ウォーホルは、美術教師を目指して一時はピッツバーグ大学に入学しましたが、途中で諦めてカーネギー大学に入学し商業美術の勉強に励み、美術博士号を取得しました。

卒業後は、ニューヨークで雑誌やイラストレーションの広告制作に携わり、アイ・ミラー店の広告デザインでの表彰を受けたり、絵画にのせたインクを紙に転写する「ブロッテド・ライン」と呼ばれる大量印刷の手法を発明するなどして、頭角をあらわしはじめました。

しかし、ウォーホルが自身初となる個展の開催は成果を得ることができず、その後、何度か行った個展でも作品はほとんど売れませんでした。

新たな表現を求めて、シルクスクリーン着手したウォーホルは、それまでの商業美術ではなくファイン・アートの道へと進み、ウォーホルを代表する作品が続々と生まれました。

また、同時期には工場をイメージした創られたスタジオ「ファクトリー」をニューヨークに置き、アーティストだけでなくミュージシャンや作家など様々なジャンルの人間を集めて、共同制作・コラボレーション作品の制作を手がけました。

この時期の、重要作品としては、ビリー・アップル、メアリー・イーマン、ロバート・ウォルツなど、6人のポップ・アーティストが参加して制作された「アメリカン・スーパーマーケット」があります。

アメリカン・スーパーマーケットは、アメリカの小さなスーパーマーケットを表現したインスタレーションで、鑑賞者にポップアートと芸術とは何かを問いかける展示となりました。

1968年にウォーホルは、過激な思想を持つ全男性抹殺団のメンバーであるバレリー・ソラナスという女性に狙撃され、生命の危機に直面しましたが一命をとりとめました。

バレリーは、もともとファクトリーの常連で、子供時代に父から性的虐待を受けた経験があるレズビアンでした。

強烈なキャラクターであるバレリーをみたウォーホルは、見世物的に、自作映画に起用し出演させましたが、バレリーは映画への起用を自らの才能が認められたと認識しましたが、思い違いと気づいたバレリーは、裏切りを感じウォーホルの狙撃を実行しました。

事件後、バレリーは精神病院に強制入院させられ、一連の流れに終止符が打たれました。

1960年代にはいると、ウォーホルがアートよりもビジネスに力を入れるようになり、富裕層のパトロンからの「注文肖像画」を中心に作品を制作するようになり、他にも、有名人や著名人をモデルとした、ポートレイト制作は1980年代まで続きました。

生涯、独身を貫いたウォーホルは、1987年に胆嚢手術を行ったあとに不整脈に襲われてな亡くなりました。

アンディ・ウォーホルの作風

アンディ・ウォーホルは商業上の目的で制作される商業美術と純粋に芸術を追求するファイン・アートの両方で成功した珍しい存在です。

アメリカのポップアートの巨匠といわれるように、ウォーホルは

  • 大量生産
  • 大量消費社会

をテーマにしました。

表現技法は、絵画のみならず、シルクスクリーン、写真、彫刻、写真と幅広く、コンピューターアートでの作品も発表しています。

また、ウォーホルは、美術だけでなくロックバンドのプロデュースや映画制作でもアメリカの芸術に影響を与えました。

アンディ・ウォーホルの作品

キャンベルのスープ缶

出典:girls Artalk

キャンベルのスープ缶は、32枚のキャンバスからなる作品で、スクリーン印刷という方法で機械的に制作されました。

当時のアメリカの抽象表現芸術を真っ向から否定した作品で、ウォーホルの代名詞とも言えるキャンベルのスープ缶は、商業美術でよく見られる「視覚的反復行為」を取り入れており、同じ対象を連続して印象づけることでインパクトが残ります。

ウォーホルがキャンベルのスープ缶を対象とした理由には、幼少期から大人になっても食べ続けていたことや、アメリカが大量消費と大量生産を繰り返していた時代の影響を受けていると考えられます。

マリリン二連画

出典:Wikipedia

1962年にマリリン・モンローが亡くなった直後に、マリリン・モンロー主演映画「ナイアガラ」で使用した広告から肖像画を切り取って制作されたシルクスクリーン作品です。

ウォーホルの名前を世に知らしめた、この作品は、全部で50個あるマリリン・モンローの顔がカラーの左半分と白黒の右半分で構成されており、「キャンベルのスープ」と同じく視覚的反復行為をとりいれることで、アメリカのセックスシンボルと言われたマリリン・モンローの魅力を引き出しています。

アンディ・ウォーホルの関連書籍

created by Rinker
¥2,530 (2019/11/16 13:09:06時点 Amazon調べ-詳細)
【本の目次をみる】
愛(思春期)
愛(初恋)
愛(老いる)

有名
働く


経済
雰囲気
成功
芸術
肩書
ピッカピカ
下着パワー

アンディ・ウォーホルの自伝で、「生」に対するウォーホルなりの哲学に触れるとができます。

タイトルとURLをコピーしました