スポンサーリンク

藤田嗣治|戦争を生き残りフランスに生きた洋画家

藤田嗣治 人物紹介
スポンサーリンク

藤田嗣治のプロフィール

藤田嗣治

名前 藤田嗣治(ふじた つぐはる)
国籍 日本・フランス
生誕 1886年11月27日
死没 1968年1月29日(81歳)

藤田嗣治ってどんな人?

東京に生まれた藤田は幼いころから、絵を描きはじめ転勤で移った熊本で過ごすなかでフランス・パリに留学することを考えるようになりました。
1913年に希望を叶えてフランスでの留学をはじめた藤田はイタリア人で画家・彫刻家であるアメデオ・モディリアーニやパリ派のパブロ・ピカソなどと出会い、親交を深めました。

藤田がフランスに留学をしていた頃には、日本に伝わっていたフランスの芸術の先を進んでおり、キュビズムやシュールレアリズムといった新しい芸術様式が発展しており、当時の藤田は大きな衝撃を受けました。フランス生活を送るなかで第一次世界大戦を経験した藤田は、困窮をきわめるなかが画家生活をおくっていましたが
最初の個展で高い評価を受けたのをきっかけに藤田自身の名を広めることになりました。

第二次世界大戦や太平洋戦争などによって日本への帰国を余儀なくされた藤田は太平洋戦争中に「作戦記録画」の制作を重ねましたが、戦争協力者として批判を浴びました。この対応に受け付けなかった藤田は再び、日本を去りフランスに戻りました。

晩年は、ランスにある「フジタ礼拝堂」の設計と内装のデザインに携わり1968年に死去しました。

藤田嗣治の作風と代表作品

藤田嗣治の作風

藤田は風景画、肖像画、裸婦など多くのジャンルをまたいで精力的に描き続けました。特に彼の代名詞である「乳白色の下地」の配合は、秘密とされており藤田は生涯を通じて打ち明けませんでした。

「乳白色の下地」は女性の肌を表現するためによく使われました。はじめて「乳白色の下地」を使って描いた作品が高額で売れたことからセレブの間では藤田に肖像画を描いてほしいと依頼が殺到し人気を博しました。

カフェ

カフェ

1949年、藤田がフランスに入国する前にニューヨクで描いた1枚です。
浮かない顔で頬杖をつきながらパリのカフェで手紙を書く女性を代名詞「乳白色の下地」を使って見事に表現しています。

礼拝

礼拝

フランスのランスにあるノートル=ダム・ド・ラ・ペ礼拝堂の内部のフレスコ画制作を任されたことをきっかけに描いた宗教壁画です。
真ん中にいる聖母の両隣にいるのは洗礼を受けた藤田と妻の君代で祈りを捧げている図です。

この作品は藤田の晩年最後の代表作品として遺されました。

藤田嗣治の関連書籍

created by Rinker
¥3,520 (2019/11/17 06:20:28時点 Amazon調べ-詳細)
本の目次をみる
Prologue モンパルナス界隈 1913‐1917
1 ラ・ボエシー街の画家 1917‐1919
2 パリでの活躍 1920‐1930
3 新しい可能性を求めて―旅の時代 1931‐1940
4 戦争と敗戦 1941‐1948
5 ニューヨーク、そしてパリ 1949‐1950
6 帰ってきたモンパルノ 1951‐1959
´Epilogue シャペル・フジタへの道 1959‐1968

藤田嗣治の代表作を集めた大版画集です。藤田の「乳白色の下地」がどのような変遷を経て完成したのかを追うことができます。

作品紹介はオールカラーで、作品紹介以外にも略年譜がついていますので藤田の人生をなぞりながら楽しめる1冊です。
著者は、パリ留学時に出版社からの依頼で藤田嗣治の調査をはじめた清水敏男氏で現在も調査を進めています。

タイトルとURLをコピーしました