スポンサーリンク

【三鷹の森ジブリ美術館】アクセス・みどころ・割引情報・カフェ・ショップ

三鷹の森ジブリ美術館 美術館紹介
スポンサーリンク

三鷹の森ジブリ美術館の基本情報

住所 東京都三鷹市下連雀1丁目1−83
最寄駅 三鷹駅、吉祥寺駅、井の頭公園駅
営業時間 10時00分~18時00分
定休日 毎週火曜日
電話番号 0570-055-777
入館料 大人・大学生:1,000円
高校・中学生:700円
小学生:400円
幼児:100円
駐車場の有無 なし
ロッカーの有無 あり:ロッカーの情報はコチラ
公式サイト http://www.ghibli-museum.jp/
企画展示スケジュール表 http://www.ghibli-museum.jp/exhibition/

三鷹の森美術館までのアクセス

徒歩

三鷹駅から徒歩で向かう場合は玉川上水沿いを15分歩くと到着します。

吉祥寺駅か井の頭公園駅から向かう場合は、井の頭公園恩賜公園内を15分ほど近く歩くと到着します。

バス

三鷹駅から乗車

三鷹駅からバスで三鷹の森ジブリ美術館に向かうルートは

  • 三鷹駅発 三鷹の森ジブリ美術館経由 三鷹駅行き (循環)
  • 三鷹駅発 三鷹の森ジブリ美術館経由 明星学園行

の2つがあります。

バスの乗車料金

バス賃金

出典:三鷹の森美術館

三鷹駅発のバス時刻表

バス時刻表 三鷹駅発

出典:三鷹の森美術館

吉祥寺駅から乗車

吉祥寺駅南口から2〜5分間隔で運行している調布方面行きのバスに乗車して、美術館の最寄りのバス停「万助橋」まで行くと到着します。

三鷹の森ジブリ美術館のみどころ

「紅の豚」「となりのトトロ」「ハウルの動く城」など世代を超えて愛されるアニメーションを制作するジブリの魅力を知ることができる三鷹の森ジブリ美術館は、東京都三鷹市の井の頭恩賜(おんし)公園西園内にあります。

設計には、美術館の館主を務める宮崎駿が携わっており大人から子供まで楽しめる内容が詰まっています。

常設展示室「映画の生まれる場所」

常設展示室「映画の生まれる場所」

出典:FASHION PRESS

常設展示室である5つの小部屋からなる「映画の生まれる場所」は、制作スタジオを再現しています。

数多くのジブリ作品が生み出された空間がどういったものなのかを知ることができる貴重なスペースで、奥では歴代ジブリ作品の絵コンテやその他の資料をみることもできます。

映像展示室「土星座」

映像展示室「土星座」

出典:FASHION PRESS

映像展示室「土星座」では、オリジナルの短編アニメーションを鑑賞できます。

小さい子供でも画面が見えるように背もたれにも座れるようになっています。また、2階のギャラリーでは、これまで上映された全作品を閲覧することができます。

三鷹の森ジブリ美術館のお得・割引情報

三鷹の森ジブリ美術館では、割引で入場する方法はありません。
チケットは美術館での購入は不可で、購入方法は

  1. インターネットでの予約
  2. 電話での予約
  3. ローソン店頭Loppiで予約

の3つです。いずれの購入方法も毎月10日に行われ、翌月入場分のチケットとしてが発売されます。チケットは購入者の名前が入る記名式で、入場の際は入り口で本人確認があるので身分証明書を忘れないように気をつけましょう。
詳しい購入方法はコチラ

三鷹の森ジブリ美術館のカフェ

カフェ 麦わらぼうし

出典:食べログ

オレンジ色の外壁と赤色の窓が特徴的な「麦わらのぼうし」では、有機農園栽培で採れた新鮮な素材を使っています。メニューはどれもシンプルなものではありますが、ジブリの世界観にあわせた温かみのある料理を味わえます。

手洗い場にある蛇口は「魔女の宅急便」のジジがモチーフになっていますので、探してみてください。

三鷹の森ジブリ美術館のショップ

ショップ マンマユート

ショップ マンマユート

出典:三鷹の森美術館

「紅の豚」に登場する空賊の「マンマユート」はイタリア語で「ママ、助けて」を意味します 。ショップでは、トトロのタオルハンカチ、キャラクターのステッカーなどジブリ美術館でしか手に入らないオリジナルグッズを扱っています。

店内は混雑していることが多いので混雑を避けたい場合には、入場後にすぐショップで購入したあとに近くにあるロッカーに預けるのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました