スポンサーリンク

イサム・ノグチ|日本でも活躍した20世紀を代表する彫刻家

イサム・ノグチ 人物紹介
スポンサーリンク

イサム・ノグチのプロフィール

イサム・ノグチ

出典:ROOMIE

名前 イサム・ノグチ
国籍 アメリカ
生誕 1904年11月17日
死没 1988年12月30日

イサム・ノグチってどんな人?

私生子として、アメリカで生まれたイサム・ノグチは2歳の時に来日するまで父の顔を知りませんでした。来日してからの父と母の3人での生活は長くは続かず、両親は離婚し母子家庭となりました。イサム・ノグチはその中で日本の四季の素晴らしさと当時としては珍しかったハーフに対する偏見やいじめを経験しました。

13歳の時には、母の勧めで単身アメリカへと渡り、全寮制の学校に入学しました。しかし、渡米してわずか1ヶ月で学校は閉鎖となり、さらに、孤独感を強めましたが在学中にイサム・ノグチの才能を見出したラムリーの助けを得て無事に卒業しました。
卒業後は、芸術家ではなく医者になるためにコロンビア大学に入学しましたが、母の勧めで通いはじめた夜間の彫刻クラスで制作した作品が評価を受けたことで、イサム・ノグチは彫刻家としての人生を歩むことを決めました。

グッゲンハイム奨学金を取得したイサム・ノグチは、彫刻の巨匠であるンスタンティン・ブランクーシの下で助手を務めながら修行を積みましたが、奨学金の延長が認められなかったことから、ニューヨークに戻ったのちに、資金を貯めて日本へと戻りました。この期間でイサム・ノグチは、まだ一般的ではなかった「公共空間・環境芸術」の考えを思いつきますが周囲から受け入れられず、またも苦難の日々を過ごすことになります。

真珠湾戦争のさなか、イサム・ノグチと同じ、二世や日系人は日系人強制収容所に、イサム・ノグチは自ら望んで、収容所に入りました。これは、イサム・ノグチと同じく二世・日系人との関わりをもって組織をつくることを願ってのことでしたが計画は頓挫しました。

再び、日本に拠点をうつしたイサム・ノグチは建築士の丹下健三をはじめとして、日本の芸術家と親交を深めました。また、芸術家の北大路魯山人の敷地内にアトリエを自宅を構えて陶芸の腕を磨き光の彫刻と呼ばれる「あかり」を生み出しました。

離婚を機にニューヨークへと拠点を戻したイサム・ノグチは、彫刻作品だけではなく庭園制作や空間彫刻にも進出し活躍の幅を広げます。日本でも活動を続けた彼は、神奈川県にあるこどもの国の遊園地の設計や東京国立近代美術館のために『門』を制作しました。

晩年に、さらに名声を高めたイサム・ノグチは、京都賞、アメリカ国民芸術勲章などを受賞し日米ともに人気となりました。晩年は、札幌から依頼を受けた「モエレ沼公園」のデザインの制作に注力しましたが、完成の日を迎えることなく亡くなりました。

イサム・ノグチの作風と代表作品

イサム・ノグチの作風

日本、ニューヨーク、メキシコ、中国など世界のあらゆるアート・建築に触れてきたイサム・ノグチの作風は繊細と大胆、伝統とモダンといった対比に関係となるものであっても、見事に作品として表現しました。また、表現をするための方法も幅広く彫刻、庭園、建築、家具、さらには舞台芸術においても才能を発揮しました。

イサム・ノグチの代表作品

モエレ沼公園

モエレ沼公園

出典:Wikipedia

もともと、廃棄物を埋め立てて一般的な公園にすることが札幌市の意向でしたが、札幌の起業家がイサム・ノグチと札幌市を結びつけたことで、「公園全体をひとつの彫刻作品にする」をテーマに整備が進められました。

イサム・ノグチがはじめてモエレ沼公園を訪れてからわずか8ヶ月で、マスタープラン(基本計画)を作り上げましたが、急病により亡くなり、本人が完成の日を迎えることはありませんでした。しかし、市の意向とイサム・ノグチ財団の協力体制によりイサム・ノグチが設計に参画した17年後についに完成しました。

タイムアンドスペース

タイムアンドスペース

出典:うどん県 旅ネット

「庵治石」で制作された高さ9m、幅25m、奥行き27mの巨大な遺作は、香川県の新高松空港でみることができます。「タイムアンドスペース」はモエレ沼公園と同じく、イサム・ノグチの死後に制作のパートナーであった石工の和泉正敏を中心として制作が進められ、完成しました。

イサム・ノグチの関連商品

created by Rinker
イサムノグチ ISAMU NOGUCHI
¥12,960 (2019/11/16 13:09:32時点 Amazon調べ-詳細)

彫刻品、建築物、庭園などの制作・デザインだけでなく照明やテーブルといった家具をも手がけたイサム・ノグチのデザインは、現代でも、私たちの暮らしの中に取り入れることができます。

タイトルとURLをコピーしました