【SOMPO美術館】アクセス・みどころ・割引情報・ミュージアムショップ・カフェ

SOMPO美術館美術館紹介

SOMPO美術館の詳細情報

住所東京都新宿区西新宿1-26-1
最寄駅新宿駅
営業時間10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)
定休日月曜日(祝日・振替休日の場合は開館)
展示替期間
年末年始
電話番号03-5777-8600
入館料【当日券】
一般   1000円
大学生 700円
高校生以下は無料
【前売り券・団体料金】
一般  800円
大学生 600円
高校生以下は無料
駐車場の有無なし
ロッカーの有無あり
公式サイトhttps://www.sompo-museum.org/
スケジュール表https://www.sompo-museum.org/exhibitions/schedule/

SOMPO美術館までのアクセス

電車

JR 新宿駅西口より徒歩5分
東京メトロ丸の内線新宿駅より徒歩5分

SOMPO美術館のみどころ

開放的なエントランスにはゴッホの「ひまわり」の銅版複製画

SOMPO美術館

出典:SOMPO美術館

東京都心・新宿の損害保険ジャパン日本興亜ビル42階にあった「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」が、2020年5月に同敷地内に移転し、「SOMPO美術館」と改名されました。

先進的な外観が特徴の6階建ての美術館で、1階エントランスには大きな開口部が設けられています。

エントランスには、フランスを代表する画家フィンセント・ファン・ゴッホの「ひまわり」の銅板複製画が飾られています。

ゴッホの「ひまわり」と洋画家・東郷青児の作品を収蔵

SOMPO美術館

出典:SOMPO美術館

SOMPO美術館では、フィンセント・ファン・ゴッホの代表作の1つ「ひまわり」や、ルノワール、ゴーキャンなどの印象派などの作品を収蔵しています。

なかでも、「ひまわり」はアジアで唯一観賞できる美術館です。

独特のタッチで描く女性像で知られる東郷青児の作品は、初期から晩年までの油彩を約70点、版画や彫刻などの作品と合わせて全部で約240点、さらに東郷青児本人が収集した作品も収蔵しています。

収蔵作品を中心とした企画展を開催

SOMPO美術館では常設展はなく、企画展のみが約2か月ごとに開催されます。

3~5階の展示室には、ゴッホの「ひまわり」や東郷青児の作品に特化した展示など、ここでしか見られない貴重な作品を間近で鑑賞できます。

展覧会に関連したトークイベントなども開催が予定されています。

SOMPO美術館の割引情報

リピーター割引

SOMPO美術館に2回目以上来館の際は、半券提示で団体料金(1枚につき1回限り有効、他の割bキトの併用不可)が適用されます。

SOMPO美術館のミュージアムショップ

ミュージアムショップ

SOMPO美術館

出典:SOMPO美術館

美術館2階にあるミュージアムショップには、展覧会の関連アイテムやポストカードなどの美術館オリジナルグッズを取り扱っています。

入館料不要で利用でき、過去の展覧会の図録や複製画などの通信販売も行っています。

営業時間

10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)

定休日

月曜日(祝日・振替休日の場合は開館)
展示替期間
年末年始

SOMPO美術館のカフェ

ミュージアムカフェ Café Du Musée

SOMPO美術館

出典:SOMPO美術館

ミュージアムショップに併設される形のカフェは、ナチュラルな木の家具やアースカラーの椅子でコーディネートされた、明るく開放的な空間です。

コーヒーや紅茶、ソフトドリンクなどを飲みながら、鑑賞の余韻に浸れます。

営業時間

11:30~17:00(L.O 16:30)

定休日

展覧会開催日の土日祝日のみ営業

タイトルとURLをコピーしました