鈴木春信|錦絵を生み出した謎多き浮世絵師

鈴木春信 芸術家紹介

鈴木春信のプロフィール

《雪中相合傘》(出典: メトロポリタン美術館)

名前 鈴木春信(すずき はるのぶ)
国籍 日本
生誕 享保10(1725)?
死没 明和7(1770)

鈴木春信の生涯

鈴木春信は江戸時代中期の浮世絵師で、私たちが「浮世絵」と言うと思い浮かべる多色刷版画、すなわち錦絵の誕生に大きく影響した人物です。しかしその生涯については謎が多く、1725年誕生、1770年死没とされていますが、詳細はわかっていません。

京都に出て浮世絵師西川祐信(にしかわ・すけのぶ)に学び、後に江戸に住んだとされます。神田白壁町(現・東京都千代田区)で比較的裕福な暮らしをしており、近所に住む平賀源内と錦絵の研究をしたとされます。

このような謎に包まれた浮世絵師が歴史に登場するのは1760年、《市村亀蔵の曾我五郎と坂東三八の三保谷四郎》が発表されたときでした。これは墨線、紅と他2、3色で着色された紅摺絵(べにずりえ)で、画業の初期はこのような紅摺技法で、役者絵の他に美人画や水絵(輪郭線をツユクサの青色で刷ったもの)も制作していました。

1765年、俳人で浮世絵師の旗本・大久保巨川(おおくぼ・きょせん)と阿部八之進(あべ・はちのしん)が、薬種商(現在でいう「薬屋」)の小松屋百亀(こまつや・ひゃっき)と共に画期的な多色刷りの技術を開発したことで、錦絵が誕生します。この錦絵は富裕層の間で流行していた絵暦(絵入りのカレンダー)交換会で用いられました。こうした流行のなかで、多色刷りの技術や色彩表現の可能性、様々なデザインが追求され、浮世絵師たちは競って錦絵を書くようになりました。

《絵暦 丑の刻参り》(出典: 大英博物館)

春信は美人画や役者絵の他に故事・古典を題材としたため、美麗さを求める知識人から非常に人気があり、彼らの多くが春信のパトロンとなりました。その一方で《笠森お仙》など実在の美人を描き大衆の人気も得ていました。その影響力は、春信が描いた町娘のいる茶屋には連日人々が殺到したほどでした。

《お仙の茶屋》(出典: 大英博物館)

錦絵の形成期に一世を風靡したことで、春信は多くの追随者を出しました。彼の門人には、司馬江漢、鈴木春広、鈴木春次などがいました。また勝川春章など次世代の浮世絵師にも大きく影響しており、肉筆浮世絵を確立した菱川師宣とともに、浮世絵の黄金時代を直接導いた画家と言えるでしょう。

鈴木春信の作風

鈴木春信の作品には、江戸にはない上方文化、中国美人画の影響が見て取れます。構図や構成は西川祐信の版本を参考にし、人物は中国明王朝時代の版画家・仇英に影響を受けているとされます。画題は故事・古典からの引用が多く、『古今和歌集』や古今東西の説話を当世風俗に置き換える、いわゆる「見立絵」の手法をとっていました。

《百人一首 阿倍仲麿》(出典: ボストン美術館)

春信の描く美人は小柄で手足も細く、色彩にも貝殻から作られる胡粉という白色顔料を混ぜているため、全体として非常に幻想的な雰囲気が漂います。

鈴木春信の作品

見立三夕「定家 寂蓮 西行」

出典: ボストン美術館

《見立三夕 (みたてさんせき)「定家 寂蓮 西行」》は世界で1点しか確認されていない、最も貴重な春信の初期の作品です。色数の少ない紅擦絵の手法がとられています。三夕とは、夕暮れの情景を詠んだ藤原定家、寂蓮、西行の三人のこと。右から、

「みわたせは花も紅葉もなかりけり裏のとまやの秋の夕暮れ」(定家)

「さびしさはその色としもなかりけり槙(まき)たつ山の秋の夕くれ」(寂蓮)

「心なききみにもあはれは知られけり鴫(しぎ)たつ沢の秋の夕暮」(西行)

の和歌が、三人の女性に見立てられています。

五常 智

出典: ボストン美術館

この絵画を日本史の教科書で目にした方も多いと思います。この絵画には書道の稽古をする少女たちが描かれています。江戸時代は数多くの寺子屋や藩校が建てられるなど子どもの教育に熱心な時代であり、春信はそのような日常の風景を多く描きだしました。五常とは儒教で説かれる5つの徳であり、仁・義・礼・智・信をいいます。春信はこの《智》の他に、「五常」を連作として制作しています。

鈴木春信の関連書籍

鈴木春信名作撰

鈴木春信の錦絵(多色摺り版画)の遺品は僅少である。
福田和彦は海外に流出した錦絵を年月をかけてヨーロッパ全域において取材し、最大級の名画集に仕上げた。
本書は春信の名作を網羅した、わが国で唯一の著作、画集である。

出典:Amazon

鈴木春信 江戸の面影を愛おしむ

鈴木春信は錦絵の創始期に活躍し、その後の浮世絵界に多大な影響を及ぼした浮世絵師です。若い男女の初々しい恋模様や日常の穏やかな光景に、古の歌や物語の典雅な世界を重ね、江戸の粋と詩情が響き合う味わい深い作品をのこしました。
本書は5つのテーマのもと、国内外から選りすぐった多数の作品図版を収載し、春信の魅力を心ゆくまで堪能できる作品集。さらにコラムでは時代や技法などにも言及し、より深く理解できます。
シンプルで純粋な線の美しさ、透明感のある優しい色調、紙の風合いなども含め、当時の江戸の面影をのこす独特の世界観を、可能なかぎり再現しています。

出典:Amazon

タイトルとURLをコピーしました