スポンサーリンク

月岡芳年|ジャンルを超えて人を魅了し続けた「最後の浮世絵師」

月岡芳年 人物紹介
スポンサーリンク

月岡芳年のプロフィール

月岡芳年

出典:Wikipedia

名前 月岡芳年(つきおか よしとし)
国籍 日本
生誕 1839年4月30日(天保10年3月17日)
死没 1892年(明治25年)6月9日(満53歳没)

月岡芳年の生涯

12歳と早くから歌川国芳の下で浮世絵を学んだ芳年は、15歳のときに処女作「文治元年平家一門海中落入図」を発表しました。当時から、芳年の技量は頭一つ抜けており他の浮世絵師の追随を許しませんでした。

作品の評判が良くない時期があったことから神経衰弱に陥り、制作がまったく進まないこともありましたが病気を克服したのちには、再び制作意欲をあげて再始動しました。類いまれなる才能と技量で名前を広めた芳年は200人の弟子をとるまでになり、自ら教えながらも他の画家とも積極的に交流をさせることで弟子たちの活躍の場を広げました。

晩年は、酒による不摂生が大きな原因で体調を崩しました。そんな中でも芳年は制作を続けて入院にいたりましたが、手の施しがないと病院側から見放されて退院したのちに自宅で亡くなりました。

月岡芳年の作風

「奥州がはらひとつ家の図」のような無残絵が有名な芳年は「血まみれ芳年」の異名がありますが、他にも、歴史絵、風俗画、合戦絵など様々なテーマで描く浮世絵はどれも独特の雰囲気を醸し出しています。とくに評価が高いのは、武者絵で師匠である歌川国芳の影響を受けています。また、四条派の画家のもとで絵を描いていたころから肉筆画にも長けています。

芳年の作品の魅力は構図と技法にもあり、漫画や劇画に通じる動きのストップモーションのように見せる技法は現代の漫画や劇画に通ずるところがあります。

月岡芳年の作品

月百姿

月百姿 玉兎 孫悟空 

『月百姿 玉兎 孫悟空』

出典:山田書店

月百姿は、「月」をテーマとした100の作品から構成される連作です。芳年の晩年に完成したとされる月百姿は、作風も取り扱うテーマも豊富で、歌川派、四条派、円山派などに見られる技法を用いて、歴史画や動物画、役者絵など多種多様な作品を描き続けました。

作品全体を通じて、余白を取り入れることで静かで安らかな世界を表現しています。晩年には、神経を病に侵されましたが水野年方や右田年英といった弟子たちの協力を得ることで無事に完成しました。

文治元年平家の一門亡海中落入る図

文治元年平家の一門亡海中落入る図

出典:続壺齋閑話

芳年の処女作「文治元年平家の一門亡海中落入る図」が制作されたとき、芳年はまだ14歳でしたが周囲に劣らない圧倒的な技術をすでに持っていました。
「文治元年平家の一門亡海中落入る図」は、壇ノ浦の決戦の様子を描いています。

芳年の師匠である歌川国芳の武者絵の影響が色濃くでているのが特徴です。

月岡芳年の関連書籍

created by Rinker
¥3,960 (2019/11/17 01:52:43時点 Amazon調べ-詳細)
【本の目次をみる】
序 月岡芳年の肖像第一部 月岡芳年の人物像
第一章 語られてきた月岡芳年
第二章 月岡芳年の人生―伝記資料を基に―
第二部 月岡芳年と「幕末」
第三章 幕末の芳年―習作期の様相―
第四章 「血みどろ絵」の時代
第三部 月岡芳年と「明治」
第五章 芳年と明治の「媒体」
第六章 「西南戦争錦絵」という媒体
第七章 芳年の「歴史画」―「歴史画」以前の歴史画として―
第四部 月岡芳年と「江戸」
第八章 「月百姿」とその時代―「江戸への回帰」とその文化的背景―
第九章 戻れない「江戸」への回帰―大判二枚続作品と掛物絵判を中心に―
第十章 芳年描く女性像
終章 月岡芳年の位置
資料 月岡芳年総文献目録(稿)/月岡芳年死亡記事(翻刻)/人気番付
/吉岡(月岡)家墓所配置および記述/月岡芳年関係家系図/月岡芳年翁碑(翻刻)
/落款/年譜/月岡芳年年譜(稿)

「最後の浮世絵師」として名を馳せた芳年の生涯と作品を、膨大な資料や作品の細かな調査をもとに解説した一冊です。芳年が江戸時代から明治時代をどう過ごして、何に影響を受けて、どのように作品に昇華したのか?日本を代表する浮世絵師の本当の姿に迫ります。

著書は、浮世絵師に関する内容を出版した経験をもつ菅原真弓です。代表する著書は「浮世絵版画の十九世紀―風景の時間、歴史の空間」

タイトルとURLをコピーしました